今回は備蓄場所を含めた家庭における「非常食」とは?をテーマにまとめます。
賃貸マンションを管理する中で、住人さんとの防災イベントを通して実感したことであり、また実際に我が家で2016年から行っていることですので、参考にしていただければ幸いです。

前提条件:保管場所(備蓄スペース)に限りあり

マンションの専有部、住人さんの住戸の中に占める防災関連の置き場所について、私自身の経験で考えると、非常食や防災グッズを収納するスペースは「ごくわずか」または「ほとんどない」というのが実情です。

分譲マンションの場合、共有部に備蓄スペースを設けていたとしてもすべての住人が被災生活を過ごすために充分であるかどうか、その内容を把握している方がどれだけいらっしゃるでしょうか。さらに、避難所に行けば食料が備蓄されている、もしくは食料がすぐに配給されると思っているとすれば、それは大きな勘違いだとお伝えしておきます。

避難所の備蓄の状態や被災時の運営についての詳細は、他の記事でご説明するとして、自分で自分の身を守るための非常食。「マンション暮らしにとって理想の非常食」とはという本題に戻ります。

限られた家の中のスペースで、いかに非常食を備蓄するか

まず確認したいのが、備蓄場所(備蓄スペース)の問題です。
3日〜7日間分の食品×人数分を家庭備蓄「が望ましいといわれている」中、飲料水も含めた食料と災害用トイレやカセットコンロなどの調理器具、薬や避難用ヘルメットなどさまざまな防災グッズを限られたスペースに収納する必要があります。

過去の被災者の経験談で注意すべきは、被災後、救援物資が手に入る状態になったとしても、供給される食品の内容は選べないということです。
例えば、乳児のためのミルクや離乳食を避難所で配られるようになるまで、お子さんを待たせておくことが可能でしょうか? 糖尿病などの疾患で食べ物が制限されている人は、食べ物を選べなくなることで病状が悪化する可能性はありませんでしょうか? 歯が悪い人や治療中の方が食べられる柔らかいものを必ず配給してもらえるでしょうか? 復興がはじまり次第、コンビニで購入することが可能になるでしょうか?

つまり、3日〜7日間分という量の問題だけでなく、自分やご家族が食べている「常食」の食品備蓄が多ければ多いほど安心なのです。

液体ミルク

介護食品

「ローリングストック」が基本だが、それだけでは持続的ではない

続きを読む